どのような施術や施設なのか知ったうえで通い始めよう

大きく3種類に分けられる

施術台

光・レーザー・医療針が主流

今現在、日本で行われている美容脱毛の種類は大きく光・レーザー・医療針とこの3種類がポピュラーな方法と言われています。光脱毛はエステサロンなどで、レーザーと医療針は美容皮膚科や美容外科といった、医療機関でのみ受けられる脱毛法です。インテンスパルスライトやクリプトンライト、キノセンライトなど特殊なライトを肌に照射して毛根にダメージを与えるのが光脱毛の特徴です。毛根にダメージを与えてムダ毛を生えにくくしたり、細くしたりするといった減毛効果という作用を発揮します。光のダメージはマイルドなので肌への負担が少なく、敏感肌という人も比較的安心して受けられるのがメリットです。レーザー脱毛は今現在、医療機関で受けられる脱毛法として最もメジャーな方法でレーザーを肌に当ててムダ毛を毛根から処理します。レーザーは光とは異なり毛根の組織自体を壊してしまうという働きがあるので、永久脱毛の効果を発揮するのが特徴です。脇など範囲が小さい部分はもちろん背中など範囲が広い部分も、スピーディーにレーザーを照射できるので施術時間が短いというメリットがあります。医療針脱毛は火傷をしないよう特殊加工された医療針を毛穴に差し込み、そこに微弱な電流を流してムダ毛を処理します。レーザーと同じく毛根組織を壊す作用があり永久脱毛の効果があり、さらにレーザーでは処理が難しい白髪など色素の薄い毛にも対応しているのが特徴です。また日焼けをしている肌でも施術可能となっており、毛や肌の色関係なくムダ毛を処理できるというのが医療針脱毛のメリットと言われています。

Copyright© 2020 どのような施術や施設なのか知ったうえで通い始めよう All Rights Reserved.